NEWS & TOPICS

『朴』(ホウ)の木をご紹介します。

今回は、『朴』(ホウ)の木をご紹介します(^^)

 

 

全国的に分布していますが、質の良いものは北海道の東側と関東から東北にかけての山間部で取れます。

 


ホオノキは樹高が20~30mほどの大きさになり、アテがほとんどでない事から切削加工性が非常に高いという事が特徴の木です。

 

 

気乾比重:0.48
散孔材で、辺材は淡い灰白色で、心材は灰帯青緑色。時間の経過とともに黒ずみ、緑褐色~暗濃緑褐色に変色します。材、心材の境界は明瞭でハッキリしている為、分かりやすいです。
広葉樹の適度な堅さをもちつつ肌触りがやわらかく、柔軟で狂いが少なく木目が細かいため加工しやすいです。

 


また乾燥後の狂いが少ない事もホオノキの特徴のひとつです。
木に刃物が触れても刃物が錆びず、刃を痛めないという性質が持っている事から、昔から刀の鞘にはこのホオノキだけが使用されてきました。

 

 

ホオノキの刃当たりが良いという特性を活かした使用方法としては刀の鞘、まな板などが代表的です。

 


また、狂いが少ないという良い特徴を持つ事から木工家が使う下端定規の材料などにも用いられます。

 

 

まな板や、カッティングボードなど、またグラデーションを活かして看板などにも良いかもしれません★

 


緑と白の絶妙なバランスがとても綺麗な木材です♫

Previous
Next